腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)の治療 – 福岡市中央区 薬院 肩こり 腰痛|整体 スポーツ障害なら整骨院とくしげ

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ

腰椎椎間板ヘルニアでお困りの方へ

腰痛や座骨神経痛の症状があり、「腰のヘルニア」と診断されたことがある方は「ヘルニア持ちなんで治らないんですよ」と言われる方が多くいらっしゃいます。他にも「手術しないと治らないって言われました」「手術したくないんで付き合っていくしかないんです」など、腰痛、座骨神経痛 = ヘルニアのせいで起きている、という考え方になってしまっています。

確かに病院で診断されたらそう思ってしまいますよね。
しかし、一般的に言われているように本当にそうなのでしょうか?

私にお任せください

私は20年を越える臨床経験の中で様々な症例と、患者さまのお悩みに向き合ってきました。その中には、 腰のヘルニアの患者さまの治療経験も多くありますのでご安心ください。
もし、このページをご覧のあなたが過去に同じような腰椎椎間板ヘルニア(腰のヘルニア)のつらい経験をした、もしくは今現在、腰椎椎間板ヘルニアの症状でお困りならお力になれると思いますので、ぜひ最後までじっくりとお読みください。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

身体を支えている背骨には、背骨と背骨の間に椎間板という軟骨のクッションがあり、その中心に「髄核(ずいかく)」と呼ばれるゼリー状のものが入っています。

椎間板ヘルニアとは

加齢で組織変性により椎間板が硬くなったり、スポーツでの激しい動作を繰り返すことで椎間板が損傷し変形してしまうと、中からゼリー状の髄核(ずいかく)が飛び出してしまいます。

この飛び出した髄核や変形した椎間板が背骨から出る神経を圧迫、刺激している状態を「腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんヘルニア)」といいます。(以下、「腰のヘルニア」)

腰のヘルニアによって起こる症状としては、腰痛や座骨神経痛、足のしびれなどがあります。重傷の場合には下肢の筋力低下や麻痺、膀胱直腸障害(ぼうこうちょくちょうしょうがい)という尿や便の排泄に支障をきたす危険な症状を起こす可能性があるので要注意です。このような重傷の場合は手術の適用となりますが、ヘルニアと診断された方の中でも極まれなケースです。

腰椎椎間板ヘルニアは治るの?

「ヘルニアは付き合っていくしかない」と心配されている方もいらっしゃいますが、ご安心ください。
飛び出した髄核(ずいかく)の細胞は、体内では異物となるので、白血球やマクロファージという貪食細胞によって吸収・分解されて徐々に小さくなり、やがて自然となくなります。

このため、通常の腰のヘルニアでは、3ヶ月ほどで辛い症状は改善されます。腰痛が改善せずに進行性の下肢の筋力低下や麻痺が起きている場合には手術の適用となりますが、これは極まれなケースです。

腰のヘルニアの原因

腰のヘルニアの症状を訴えられる方の多くは「以前から腰痛があって、だんだん酷くなってきた」と言われます。

まずはこちらの論文をご覧ください。国際腰椎学会でボルボ賞という(国際腰椎学会のノーベル賞と言われる)最高の賞を受賞した、有名な研究論文です。

ボルボ賞の論文

■椎間板ヘルニアと診断された強い腰下肢痛を訴える患者46名と、年齢、性別、職業などを一致させた健常者46名の腰部椎間板をMRIで比較した結果、健常者の76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変性が確認された。

この研究論文では「腰痛の症状がない健康な人にも76%に椎間板ヘルニアが、85%に椎間板変成がある」という結果がでています。つまり、「椎間板ヘルニアがあり椎間板が潰れている」と画像診断の結果が出ても、腰痛や座骨神経痛の足の痛みの原因ではない、ということが証明されています。

そうなんです。腰痛の症状がある方が病院で検査をしたら、たまたま椎間板ヘルニアがみつかって「腰椎椎間板ヘルニア」と診断されただけなのです。

ですから、腰のヘルニアが起こる原因と腰痛が起こる原因は同じで、日常生活での負担が積み重なって起きている場合がほとんどです。

  • 一日中デスクワークで座りっぱなしで運動不足
  • パソコン作業中に足を組んで座る
  • パソコン作業中に足を開いて座る(ガニ股)
  • 立っているときに体重を片方の足にかけてしまう
  • 荷物を持つときに、いつも決まった方で持つ
  • 職場環境が変わって、仕事での精神的ストレスを感じている
  • お酒をよく飲み、夏場には冷たいものを飲み過ぎてお腹の調子が悪い
腰のヘルニアの原因

このように、普段からの身体の使い方や姿勢のクセによって身体のバランスが崩れたり、さらに精神的ストレスや内臓疲労が影響したりして腰のヘルニアや腰痛が起こりやすくなってしまいます。ですから、これらに心当たりのある方は要注意です!

当院の腰のヘルニアの治療

「局所」と「原因」の両方にアプローチ

局所と原因にアプローチ

当院では「局所の改善」と「原因の改善」を行います。
まずは痛みのある腰からお尻、下肢周辺のこり固まった筋肉の、柔軟性が低下した状態を改善します。強い刺激での治療は悪化する原因となりますので、「身体に負担がかからない、柔らかな刺激や動かし方」の整体手法を行うことで、脳からの防御反応が起きずに筋肉の緊張が緩んで血行が良くなり、背骨や関節が正しい位置に修正されて回復しやすい身体の状態をつくっていきます。

そして、局所に負担をかけることになった原因の改善として、身体の土台となる足底の重心や骨盤、背骨など骨格のバランスを修正する整体治療を行います。「局所」と「原因」の両方から治療を行うことで、症状の改善と回復力を高めて再発しにくい身体をつくります。

全体のバランスを整える

腰のヘルニアの治療の主な流れ

1.問診

問診

患者さまの身体、症状の状態だけではなく、その痛み、不調があることで我慢していること、以前はできていたのにできなくなったことなどのお困りのことや不安に感じていることなどを教えてください。問診で「なぜその症状が起きているのか?」「痛みの原因はどこにあるのか?」を探っていきます。

2.検査

検査

患部の状態、身体全体のバランス・歪みをチェックします。

3.説明

説明

お身体の状態、症状の原因、改善するための治療計画を説明させていただきます。治療計画の説明でわかりづらいこと、不安なことがないか確認して、患者さまから治療の同意を得て治療を始めていきます。

4.整体治療

整体治療

あなたの身体の状態、症状に適した整体治療を行います。身体に負担の掛からない柔らかな刺激と動かし方で施術しますのでご安心下さい。

詳しくは[整体治療について]のページをご覧ください

5.治療計画の説明、アドバイス

治療後の説明

治療終了後、身体の状態の確認をして治療内容を説明します。次回まで安心して過ごせるように日常生活での注意事項、アドバイスをさせていただきます。

数回の治療で改善される方もあれば、身体の状態が安定するのに数ヶ月かかる方もいらっしゃいます。できるだけ早く改善されるように、患者さまにとって最良の治療計画を提案させていただきます。

最適な治療法を組み合わせます

腰のヘルニアの症状は痛み、症状がでて早期の場合と、長期間かかって慢性的になってしまっている場合とでは、治療方法が違います。患者さまの症状や原因の改善に適した整体手法を組み合わせ、炎症や腫れが起きている場合には超音波療法も組み合わせて行います。

▽ひざに当てる例
超音波治療

本気で腰のヘルニアを治したい方は今すぐご予約を

腰のヘルニアを治したい方はご予約を

腰のヘルニアの症状を放っておくと腰痛や足のしびれなどが慢性化してしまい、毎日の不快感や仕事中の集中力低下など、日常生活に支障をきたす方もいらっしゃいます。

腰のヘルニアの痛み、しびれの症状の原因から改善して、爽快な毎日を過ごせる身体になりたい方はお早めに治療を受けることをおすすめします。

当院では腰のヘルニアが起きている「局所」の状態の確認と、症状を起こしている全身のバランスや歪みから「原因」を探るため、問診と検査に時間をかけてお困りのことや身体の現状を正確に確認し、治療をおこないます。

初めての方は1日3名様限定とさせていただきます

初めての方は1日3名様まで

当院は院長である私が責任を持って全ての患者さまの治療をおこなうため、完全予約制とさせていただいており、1日に対応できる初診の方は1日3名様までとさせていただきます。

「痛み、しびれがつらく、身体がしんどいのに都合の良い日に予約が取れなかった」
「今すぐ治療を受けたいのに予約が取れない」

と、ならないために今すぐ予約をお取りください。

ご予約は受付時間内にお電話いただくか、便利なインターネット予約をご利用ください。
当日予約は電話のみでの受付です。翌日以降のご予約はインターネットからお取りいただけます。

(柔道整復師 徳重義雄 監修)

インターネット予約はこちら
電話予約はこちら